防水ドローンは世界を変えることができる

防水ドローンとは

2018年04月24日 10時58分

防水ドローンとは、防水型のドローン。当たり前ですね。ただ、これまでのドローンを考えれば、防水加工されたドローンはすばらしい進歩です。ドローンは空を飛ぶという性質上、雨、風など天候の影響を大きく受けます。「嵐の中、ドローンを飛ばせ」とは言わないまでも、従来の主なドローンは小雨程度であっても飛べないわけですから、この弱点を解消することは、開発者の必然であったのかもしれません。
 
さらに地球の大部分は水で覆われています。飛行を雨風に左右され、なおかつ、地球上の大部分の場所でも飛ばせない。一般的なドローンは、既にさまざまな用途で実用化されていますが、その魅力、そして実力は限られた場所でしか発揮することができなかったのです。もちろん、精密なシステムを内部に備えている以上、すべてを「防水」することはかんたんなことではありません。しかし、必要は発明、いや進歩を生むのです。
 
ここ数年で、「防水ドローン」を名乗るドローンが出回るようになりました。防水ドローンは、多くの人々が待ち望んでいたものです。防水ドローンの登場は革新的なできごとです。
 
  • 雨の日も雪の日も・防水ドローンは飛ぶ
防水ドローンは、雨や雪が降り続く天候でも飛行可能です。このような、ごく当たり前の状況でも今までは利用が限定的だったわけです。むしろ、ドローンはこのような状況だからこそ使いたい。雨天時の空撮やウォータースポーツの撮影などにも、防水ドローンは活躍します。
 
  • ドローンが防水になると、いいことがたくさんある
防水ドローンは初心者に優しい
ドローンの操縦は、初心者にとってはなかなか難しいものです。ドローンを安定して飛ばせるようになるまでは、多少の練習が必要です。しかし、練習中にもトラブルは容赦なく訪れます。ドローンが風にあおられて予期せぬ方向へ行ってしまい、そのまま公園の池に落下してしまうこともあるでしょう。
 
このような際に、防水型のドローンであれば、完全にボディが池に浸水してしまったとしても、衝撃を受けていなければ大丈夫でしょう。ドローンが手の届く範囲に落ちていることを願いましょう。
 
最近は水面から飛び立つことが可能な防水ドローンもあります。このタイプのドローンなら、ドローンの沈没を心配する必要はありません。