防水ドローンは世界を変えることができる

防水ドローンは世界を変えることができる

無線により操縦・コントロールされる無人の航空機・ドローン。元々はオスのハチを意味する言葉です。なんだかイメージしやすいですね。そのドローン、ここ数年ですっかり一般的になってきました。
 
そもそもドローンは、第二次大戦中に無人攻撃機として設計が始まったと言われています。現在でもドローンは軍事用に使用されていて、一般的なドローンとは違い、航続距離に長け、遠隔操作により偵察、爆撃を行います。
 
なんだか物騒な話になってきましたが。一般的なドローンは違います。
高性能・多機能モデルは、まだまだ値段が高いのですが、初心者から中級者向けモデルは、以前よりも大幅に値が下がり、誰でも手の届く範囲になりました。
 
種類もさまざまですが、以下のようなタイプがあり、それぞれが特徴を持っています。
 
  • ドローンのタイプその1・カメラの有無
ドローンと言えば空撮を思い浮かべる方も多いと思いますが、意外にカメラを搭載できないドローンは多くあります。
 
  • ドローンのタイプその2・回転ローター
回転翼の数によりトライコプター(ローター×3)、クアッドコプター(ローター×4)、ヘキサコプター(ローター×6)、オクタコプター(ローター×8)があります。回転翼の数が多ければ安定しますが、その分、重量が増加するため操作には神経を使います。
 
  • ドローンのタイプその3・コントロール方法
ドローンの多くはリモートコントローラーを使って操縦します。最近はスマートフォンのアプリケーションと連携操作するドローンが増えてきました。アプリ内の地図上で飛行コースを設定することができるなど、高性能であるにもかかわらず、手軽さが目立ちます。FPVと呼ばれる、ドローンから送られてくる画像をリアルタイムで見ながら操縦するタイプもあります。
 
  • ドローンのタイプその4・GPSの有無
コントローラーを使用しない、自立飛行するドローンには、通常、GPSが搭載されています。このタイプのドローンは、プログラム通りのコースを飛ぶためにGPSのデータを利用しています。
 
そんなドローンですが、プライベートで使用する場合、ただ飛行を楽しむか、上空での撮影に使う、といった用途が主になると思います。ただ、ドローンが防水になることにより、その世界、そして使い道は大きく広がります。

防水 ドローン

レスキュー ドローン

スプラッシュドローン